森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

テニス肘(上腕骨外上顆炎)

肘の痛みの原因として、よくみられるのが上腕骨外上顆炎です。

手首をつかうひとに起こりやすく、俗にテニス肘と言われています。

手首をそらす筋肉のひとつである短橈側手根伸筋が骨についている場所である肘の外側(手の平を前にして手を下におろしたときの)が痛くなります。

手首を手の甲側にそらしたりすると痛みがはしります。

炎症をあらわす「炎」がついていますが、炎症があるのはごく初期だけと言われています。

治療について

まず最初の治療としては安静にし、専用のバンドをつけたりすることです。

ステロイドの局所注射は、痛みが強く初期の炎症があるときには有効ですが、組織をいためてしまうリスクがあり、少ない回数にとどめるべきとされています。

リハビリテーションでストレッチなどを行うことは効果的で、ガイドラインでも奨められている治療です。当院でも、症状が長引く方にはリハビリテーションをお勧めしています。

また自費診療にはなりますが、当院では体外衝撃波という治療も行っております。お気軽に相談ください。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る