森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

ばね指

ばね指とは指の腱鞘炎のことで、指の関節が曲がってしまい真っすぐに伸びない状態をいいます。

指を曲げた際にひっかかりを感じ、その指を真っすぐにしようとしたときに、ばねがはじけるような動きからこの名前が付きました。

ばね指の原因

指を曲げるために腱があり、その動きを支えるために腱鞘という腱のトンネルのような部位があります。

そこに何らかの炎症が起きて腱の通りが悪くなることが主な原因です。

炎症の原因自体は人によって様々ですが、代表的なのは指先の酷使とされます。

指先をよく使う仕事をされている方は特になりやすく、また最近はパソコンやスマートフォンの長時間使用によっても引き起こされます。

また、女性の場合にはホルモンバランスが関係することもあり、産前産後、更年期などにばね指を発症する場合があります。

ばね指の治療法

炎症の程度によって治療を選択していきます。

保存療法

炎症が軽く、痛みが強くない時には、まずは安静にしておきましょう。

腱鞘内に炎症をおさえる薬を注射するのも有効です。

手術療法

保存療法でも痛みが取れない場合には手術を行うこともあります。連携病院に紹介させていただきます。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る