森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

肩腱板断裂

腱板とは、肩甲骨と腕の骨をつないでいる肩のインナーマッスルです。

腱板の断裂は若い人にはほとんどみられない病気で、50~60代以降の方に多く発症します。

50歳代では10人に1人、80歳代では3人に1人の割合と言われています。

特に仕事やスポーツで肩を酷使してきた人は注意が必要です。

画像診断はMRI検査がもっともよくわかりますが、当院では診断に超音波検査を役立てています。

症状

痛みがでることが多いです。

動かすときだけでなく、じっとしているときにも痛んだり、夜寝るころに痛いが強くなることも特徴です。

腕が上げるときにひっかかりを感じたり、腕に力が入りにくくなる(特に横から手があがらない)のも症状です。

原因

肩腱板の損傷の原因はおおよそ、半数が明らかな外傷によるもの、残りの半数が日常生活での動作の中にあるとされています。

腱板付近の骨が老化によって変性し、また長年の肩への負担が原因となる場合が多いです。

完全断裂の場合は、重い物を持ちあげたり、転倒した際の急激な負担が原因で断裂してしまう事があります。

治療

腱板断裂の治療には、保存療法と手術療法の2つがあります。

保存療法

痛みの軽減のために消炎鎮痛剤を内服したり、ヒアルロン酸や炎症をおさえる薬の注射を行います。

またリハビリテーションで肩の訓練を行うことも非常に有効です。

当院では専門の理学療法士によるリハビリテーションに力をいれておりますので、ご相談ください。

手術療法

保存療法でも痛みが取れない場合や、若者やスポーツマンのケガによる腱板断裂は、手術による治療も考えます。

内視鏡を使っての手術で、断裂してしまった腱板を再び骨に縫い付けていきます。

手術後はしばらく肩を固定し、その後リハビリテーションで少しづつ肩を動かせる範囲を広げていきます。

肩腱板断裂は、よく五十肩と間違われてしまいます。

歳のせいだと自身で判断をせずに、肩に痛みがありましたら整形外科を受診してみましょう。

また、既に五十肩と診断され治療をしているのに、なかなか痛みが取れないという方も、腱板断裂を疑ってみてください。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る