森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

肉ばなれ

肉ばなれとは筋肉に部分断裂のことで、いろんな部位に起こります。

難しい言い方ですが介達外力によるものを肉ばなれ、直接ぶつけてなるものは筋挫傷といいます。

肉ばなれは2つの関節をまたぐ筋肉が伸びながら収縮するときに起こりやすく、スポーツ選手ではふとももの前にある大腿直筋や、ふとももの後ろにあるハムストリングス、中高年ではふくらはぎが多いです。

ここでは、ふくらはぎの肉ばなれについてお話しします。

ふくらはぎの肉ばなれ

多くは腓腹筋という筋肉の内側部分(腓腹筋内側頭といいます)に起こります。

エコー検査をすると、筋肉がちぎれた部分とそこに内出血した血の溜まり(血腫といいます)が見えます。

ストレッチをしたときの痛みの程度や、ストレッチできる範囲から重症度がわかります。

RICE(ライス)処置

まずは応急処置が必要で、RICE(ライス)処置が基本です。

RICEとは安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)の頭文字をとったものです。

初期には患部の圧迫や、松葉づえなどを使って体重をかけないようにして負担を軽くすることが大事です。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る