森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

筋肉や腱の痛みの軽減に
体外衝撃波治療のご案内

体外衝撃波治療とは

衝撃波を皮膚の上から患部に照射する治療法です。

衝撃波により患部組織を物理的に刺激することで、成長因子というものが放出されます。

この成長因子は細胞を活性化し治癒能力を高め、慢性的な痛みを改善することができます。

体外衝撃波治療の歴史

元々は腎臓結石や尿管結石など体内にできた結石に照射することで、切開などの外科的手術を行わずに結石を破砕できる治療方法として利用されてきました。

それを低出力の衝撃波にすることで、足底腱膜炎やテニスひじなど多くの疾患への治療として応用できるようになりました。

お薬による治療や、注射などの治療とは異なる、新しい治療法となります。

こんな方におすすめの治療法です

  • 手術せずに痛みをとりたい方
  • つらい慢性的な痛みで日常生活がつらい方
  • お薬や注射などで痛みの治療をしたが、なかなか良くならない方

治療効果

  • P物質(痛覚の伝達物質)の減少
  • コラーゲン生成の促進
  • 血管新生
  • 慢性的な炎症の抑制
  • 石灰化の除去
  • 疼痛緩和

自費診療について

国際整形外科体外衝撃波学会(ISMST)では、下記の疾患が体外衝撃波治療の適応疾患と認められていますが、いずれも保険外診療(自費負担)となります。

適応疾患

  • 足部:足底腱膜炎、アキレス腱炎
  • 肘:上顆炎(テニス肘)
  • 手:手根管症候群
  • 肩:肩関節周囲炎(五十肩)、石灰化
  • 股関節部:大転子疼痛症候群
  • 膝:膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • 骨折:疲労骨折、偽関節

治療を受けられない場合

以下のような治療との併用や部位、疾患には実施できませんのでご注意ください。

  • 治療部位におけるステロイドの使用
  • インプラント(ペースメーカーなどの機器、金属など)
  • 骨端線部分
  • ガスを含む臓器(肺、胃、腸管など)
  • 心臓周辺・血液疾患
  • 頭部・頚部
  • 脊椎周囲

治療について

1回の治療は10分程度になります。
治療期間は1ヶ月を目安に2-3回行います。(1~2週ごとに1回)

施行後1ヶ月間以上あけ組織の修復を待ちます。その後の症状次第で治療再開する場合もあります。

悪化が見られた場合には途中で治療を中止することもあります。

補足事項

  • 疼痛のある部位に照射するため、痛みを伴いますが、患者様が我慢できる範囲で出力を少しずつ上げていきます。(出力が高い方が効果は高まります)
  • 麻酔は使用しません。

治療後の注意点

治療部位は48時間安静にしてください。
治療後に発赤や皮下出血が出現することがありますが、数日以内に改善が見られます。

人によっては治療後から翌日にかけて痛みが出ることがあります。
治療期間中は痛みを感じなくなっても激しい運動は控えてください。再受傷する恐れがあります。

費用のご案内

体外衝撃波治療は自費診療にて実施しております。

初回 7,700円(税込)
2回目以降 4,400円(税込)/回

※診察料は衝撃波治療費とは別で発生いたします。
※治療終了後の経過観察期間の診察も自費となります。
※複数部位の治療をする場合は、それぞれに上記費用がかかります。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る