森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、骨の量(密度)が減ることで骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。

加齢や生活習慣が原因となりますが、特に閉経後のホルモンバランス変化がかかわるため、高齢の女性に多い病気です。

脊椎圧迫骨折

「いつのまにか骨折」って聞いたことがあるでしょうか?

どすんとイスに腰をかける程度のことで背骨が骨折してしまうことがあります。

脊椎圧迫骨折といいます。

胸の背骨から腰の背骨に切り替わる部分での骨折が多いですが、どの背骨でも起こる可能性があります。

起き上がったり立ち上がったりがとても痛く、すごく時間がかかりますが、立ってしまえばあんがい歩けたりするのが特徴です。

手術が必要となる場合もありますが、多くは手術をせずともコルセットの治療などで折れた背骨がその形で固まってくれて、治ることは治ります。

骨折がクセにならないよう予防をしましょう

問題は、一度背骨が骨折すると次の骨折をおこしやすくなることです。

予防がとっても大事です。

骨粗鬆症は、いま薬の進歩がすごいです。

飲み薬はもちろん、1カ月に1回の皮下注射や、半年に1回の皮下注射などさまざまな薬があります。

どんな薬をどう使うかが専門家の腕の見せ所になります。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る