森ノ宮駅の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科|大阪市中央区

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の診療時間は(月・火・水午前・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜午後、土曜午後、日・祝

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科は「森ノ宮」駅より徒歩1分

大阪市中央区森ノ宮駅より徒歩1分の整形外科・リハビリテーション科 もりのみや整形外科の電話番号06-6943-1211

ガングリオン

ガングリオンとは?

ガングリオンとは、手首や指にできるやわらかいできものです。

内部はゼリー状の液体で、注射針を刺して中身を吸ってみることで診断ができます。

ガングリオンができやすいのは手首の部分で、これは手の関節にある関節包という袋につながっています。

他にも、親指側の関節にある関節包や、手のひら側の指の付け根にもできやすいといわれています。

症状

ガングリオンはそのサイズも様々で、米粒くらいの小さいものから、ピンポン玉ほどにまで大きくなるものもあります。

ガングリオン自体には痛みはありませんが、神経の近くにできたガングリオンが大きくなると、神経を圧迫して痛みやしびれがでることもあります。

原因

ガングリオンができる原因はまだはっきりと分かっていません。

手首にできやすいとはいえ、手をよく使うからできるわけでもないのです。

治療

ガングリオン自体は、良性の腫瘤ですので、特に症状がなければ放置して自然治癒に任せるということも可能です。

見た目が気になったり痛み、しびれなどの症状がある場合には、治療をおすすめします。

穿刺吸引方法

注射針をガングリオンにさし、内容物を吸い出すという治療法です。

中身を抜いてもまたしばらくすると膨らんでくることが多いので、何度か治療を繰り返すことになります。

外科的手術

吸引をしてもなかなか治らない場合には、手術によって袋ごと切り取る方法もあります。

コラム
体外衝撃波治療
頚椎症
ストレートネック(スマホ首)
五十肩
肩腱板断裂
骨粗しょう症
ガングリオン
ばね指
へバーデン結節
マレット指
脊柱管狭窄症
半月板損傷
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
肉ばなれ
テニス肘

このページの先頭へ戻る